プリザーブドフラワーなら長持ちする

どうしても切り花は、長持ちしないと思いませんか。



いろいろな方法である程度は長持ちさせることができますが、それでも短いと感じている人は、少なくないでしょう。

特殊な方法で作られたプリザーブドフラワーならかなり長持ちします。


数年間は、そのままの状態で保存できるでしょう。

保存状態によってもどれくらい長持ちするかが変わってしまいます。
プリザーブドフラワーは、生花を特殊な液体に漬け込み、水分を抜いてしまいます。
乾燥しているにもかかわらず、とても鮮やかな色をしていますので、とても人気があります。

マイナビニュースが気になる方はこちらへご来訪下さい。

ただし、生花とは違って水には弱いので、近くに水を置いたり、水につけたりすることはやめましょう。

花瓶に飾りたい場合は、水を入れずにプリザーブドフラワーだけを入れるだけで良いです。


また、紫外線にも弱いので、直射日光が当たる場所での保存も避けましょう。



また、濃い色の花びらが薄い色の花びらについたりしないようにもしたほうが良いです。色移りするので保存するときはいろいろなことに気を付けなくてはなりません。

注意点は多いですが、何年ももつこともあって、結婚式のブーケなどに活用することも多いです。
ずっと大切な花を保存したい人にお勧めです。
箱に入れてサプライズプレゼントとして活用する人も少なくありません。

水がいらないのでプレゼントにも喜ばれるでしょう。生花ではできないいろいろな使い方ができるのに、生花に負けないくらい美しいので、どんどん活用しましょう。